2006年04月30日

●ウィザードリィ リルガミン サーガ

機種PS
販売会社コロムビアME
枚数1
発売日1998/12/19
発売価格2940円
購入価格700円
総合評価★★★★
入手難度★★★★
公式HP-
最終更新日2006/04/30
メモ
Wizardryの1作目から3作目をまとめたPSソフト、リルガミンサーガのサントラである。 Wizの暗い世界観をよく表現している名盤である。羽田健太郎が手がけている。
曲目
1.リルガミンサーガ・メインテーマ
2.サーガ
3.城塞都市リルガミン
4.繁栄と緊張の街
5.衰退の街
6.賑わう酒場
7.安らぎの宿屋
8.頑固親父
9.治療と復活の寺院
10.訓練
11.寂寥
12.束の間の休息
13.闘い
14.宝石調査
15.妖気満ちる迷宮
16.呪いの迷宮
17.神秘の迷宮
18.リルガミンサーガ・レクイエム
19.ワードナのテーマ
20.KOD’Sのテーマ
21.ルケブレスのテーマ
22.リルガミンサーガ・ファンファーレ
Posted by eritama at 09:04 | Comments [0]

2006年04月12日

●テクニクビート

機種 PS2
メーカー アリカ
ジャンル 音ゲー
発売日 2002/11/07
発売価格 5800円
購入価格 2000円
総合評価 ★★★★
入手難度 ★★
公式HP GO
最終更新日 2006/04/12
メモ
ジャンルこそ音ゲーであるがどちらかというとパズルゲームに近い。 水面に広がる波紋をタイミングよく押していき、曲をつなげていく。 前作テクニクティクスと大きく違うところはナムコのサウンドの存在である。 本作品では数多くのゼビウスやドラゴンバスター、果てはベラボーマンといった往年のナムコサウンドのアレンジ曲でプレイでき、またその曲が非常にクオリティが高い。ナムコサウンドが好きならば購入しないという選択肢はない。 この作品は版権等のからみかどうかわかりませんがサントラ化されていない作品である。サントラCD化が待たれる一品である。 アリカという会社は、ACの移植をしていることが多い。 総じて移植度が高くとにかく出来がよい。 流通量がそんなに多いわけでもないから、手に入らない人が多く発売からかなり期間がたった後でもユーザーの要望が多く限定数だが再販をしてくれたのもありがたい。 今のご時世、こういう会社は貴重である。
テクニクビート - Wikipedia
はてな - テクニクビートとは

Posted by eritama at 21:44 | Comments [0]

●大合奏!バンドブラザーズ

機種 NDS
メーカー 任天堂
ジャンル 音ゲー
発売日 2004/12/02
発売価格 4800円
購入価格 4320円
総合評価 ★★★
入手難度
公式HP GO
最終更新日 2006/04/12
メモ
ビートマニアやダンスダンスレボリューションといった音ゲーと大きく違うところは、 実際に楽器で演奏しているような気持ちになれるようなソフトである。 数人集まってセッションをやったら気分は小さな音楽界。 収録曲もJ-POP、ゲームTV音楽、クラシックなど有名な曲が満載。 でも特にタッチはこのソフトにぴったりなのは内緒の話。 追加でEDIT曲を追加できたり通信で曲交換できたりと、NDSの可能性を示した作品。
後にGBAスロットに指す追加カートリッジも出てこういう使い方もNDSにはあるということも示した。

Posted by eritama at 21:30 | Comments [0]

2006年04月02日

●メテオス

機種 NDS
メーカー BANDAI
ジャンル PZL
発売日 2005/03/10
発売価格 4800円
購入価格 4320円
総合評価 ★★★★
入手難度
公式HP GO
最終更新日 2006/04/02
メモ
NDSの機能であるタッチペンでの操作を存分に生かした新世代の落ちものパズルゲームである。
発売前からもHPでの凝った宣伝などで注目を浴びる。
愛らしいキャラとは裏腹に非常に忙しい操作となっておりなれてない人ならばあっという間に
死んでしまうこともあるが、やりこむほど上達することの楽しさを知ることができる。
ゲーム中の映像、サウンド、操作、対戦どれをとっても一級品。
落ちものなのにストーリーがしっかりしている点も見逃せない。
WiFI対戦が始まった今これをぜひ対応して出してほしいソフトのひとつである。
プロデューサー: 水口 哲也 、ゲームデザイン: 桜井 政博 名作なのも頷ける。

NDSゲームレビュー「メテオス」
Posted by eritama at 21:54 | Comments [0]